スルスル酵素 落とし穴

えっ!本当?スルスル酵素の「副作用」の意外な正体とは?

スルスル酵素の「副作用」についてご存知でしょうか?

 

サプリメントであるスルスル酵素、通常「副作用」の心配はないはずですが、

 

使い出したばかりの方の中には、

 

胃痛

肌荒れ

吐き気

ひどい胸焼け

発熱

下痢

 

などの「副作用」が出る場合もあるようです。

 

これらは、本当にスルスル酵素の「副作用」と言えるものなのでしょうか?

 

好転反応だから心配なし!

 

ご安心ください、これらの症状はすべて好転反応と呼ばれるものになります。

 

それでは、好転反応とは一体なんでしょうか?

 

それは、老廃物が体外に出される時に、その毒素によって引きおこされる不快な症状が、一時的に出ている状態のことです。

 

人によって様々な種類の不快な症状が、人それぞれ色んな部分に現れます。

 

そして、体内にあった老廃物の過多に比例して、好転反応が強くなると認識されています。

 

例えば、胸の弱い方には強い胸焼けなどの不快感が出るといったように、体内で弱っているところに症状が出るようです。

 

老廃物が体外に出される時に起こる好転反応は、本来喜ばしいことですが、できることならその不快感はより早く和らげたいですよね?

 

そのためにも大量の水分を補給し、老廃物が尿や便となって出て行きやすくしてあげましょう。

 

好転反応は便秘症の人は起こりやすい

 

スルスル酵素の成分である酵素と乳酸菌が、便秘症の方の滞った腸の運動を活発にし、腸内にあった未消化の残存物が分解され、一気にガスが出てきます。

 

それらのガスが腸内をパンパンにし、膨満感が出たり、ガスによって刺激を受けた胃壁から、吐き気をもよおすことがあります。

 

また、老廃物が出る時にはニキビや肌荒れといった症状も出るため、その時だけ不快な気分になってしまうこともあります。

 

一方、好転反応には、熱っぽくなったり、下痢をすることもあります。

 

これらの不快な症状は、あくまでも体が良い方向に向かっている過程の段階なのであって、副作用や病気ではありません。

 

健康になるためのステップ、好転反応と上手に付き合いましょう!

 

1週間とも2週間とも言われる好転反応、その期間は人それぞれですが、乗り越えれば誰でもスッキリ快活な毎日を送ることができます。

 

不快な症状でストレスフルになってしまう方もいらっしゃるでしょうが、体内が浄化されている過程と思い、上手にやり過ごしてくださいね。

 

特につらい便秘の解消法を下剤などの薬に頼り切っていた方、スルスル酵素をオススメします。

 

酵素と乳酸菌が、お腹に負担なく老廃物をスルスルと出し、いつでも腸内環境を美しく整えてくれます。

 

腸がピカピカになればお肌もツルツルに!おかげでメイクもノリノリですよ♪

 

⇒スルスル酵素できれいなお肌を目指したい方はこちら