スルスル酵素 寝る前

スルスル酵素は寝る前に飲むとやせる?それってウソ?本当?

「スルスル酵素は夜寝る前に飲んでおけば、寝ている間に脂肪が燃焼されてダイエットができる」

 

こんな風に思っている方がいるようですが、残念ながらそれは間違いです。

 

スルスル酵素でダイエット効果を実感したいなら、食事の30分前に飲むのがもっとも効果的なんです。

 

ではなぜ30分前なのか?なぜ寝る前ではダメなのか?

 

その理由はスルスル酵素のやせるメカニズムにあるのです。

 

酵素が活発に活動できるのは数時間

 

 

スルスル酵素には小麦由来の酵素がたっぷり配合されており、その酵素の働きによって炭水化物をすばやく分解し、脂肪として吸収されるのを防ぎます。

 

ところが、植物性の酵素というのは、それ自体がタンパク質でできています。

 

つまりは、しばらくすると胃酸によって分解されてしまうため、酵素として活性する時間はごくわずかな時間に限られるわけです。

 

だからこそ、そのわずかな活性化の時間帯と食事の時間を合わせる必要があるのです。

 

スルスル酵素のダイエット効果をしっかり実感するためには、食事の30分前がもっとも効果的ってことなんですね。

 

同じ理由で、しばらく食事をしない「寝る前」にスルスル酵素を飲んでも、起きて食事をする頃にはすでに酵素は分解されちゃっているんですね。

 

これでは寝る前にスルスル酵素を飲んでも、ダイエット効果が実感できないのも当然ですね。

 

お酒を飲んだあとは「寝る前」が効果的

 

 

活性時間の短い酵素ですが、お酒を飲んだあとなら、寝る前にスルスル酵素を飲むのがおすすめです。

 

スルスル酵素に含まれる酵素が、肝臓のアルコール分解の働きを助けてくれます。

 

なので、「今日はちょっと飲みすぎたかな?」なんて時は、寝る前にスルスル酵素1粒をコップいっぱいの水、もしくはぬるま湯で飲んでおきましょう。

 

寝ている間にアルコールの分解が促進されるので、翌朝もスッキリ。

 

二日酔いでつらい思いをしなくてもすみます。

 

酵素の働きをジャマする食べ物に注意!

 

 

わずかな時間しか活性しない酵素ですから、その効果は最大限に活かしたいですよね?

 

でも、実は食べ物の中には酵素の働きをジャマする食品もあります。

 

その一つがナッツ類です。

 

お酒のおつまみでアーモンドやピーナッツを食べる方も多いですよね?

 

実はナッツ類には体内の酵素の働きをジャマする「酵素阻害剤」という物質が含まれています。

 

その酵素阻害剤が酵素の活性化を弱めてしまうのです。

 

ナッツ類以外にも、リンゴやスイカの種、玄米の種、大豆などにも含まれています。

 

ただし、酵素阻害剤は45度以上の熱で加熱したり、発酵させると壊れます。

 

ですので、大豆製品でも豆腐や納豆などの加工・発酵食品であれば問題ありません。

 

せっかくスルスル酵素で酵素を取り入れるわけですから、酵素阻害剤を含む食品は摂りすぎないように注意しましょうね。

 

⇒今ならスルスル酵素が【2袋500円】でゲットできるチャンスかも?