酵素サプリ 血糖値

酵素サプリは血糖値を下げてくれるって本当なの?

ダイエットや健康に良いとされ、注目されている酵素サプリや酵素ドリンクですが、中には糖分を含むものもあるため、血糖値が気になる方にとっては「本当に酵素を取り入れても大丈夫なの?」って心配になることも。

 

果たして酵素サプリや酵素ドリンクは血糖値に影響を与えるのでしょうか?そして酵素には血糖値を下げる役割はあるのでしょうか?

 

結論から言いますと、酵素サプリなら血糖値を下げる効果は期待できます。

 

⇒血糖値にも効果が期待できる酵素サプリはこちら

 

そもそもどうして血糖値が上がってしまうの?

 

 

人間に体に欠かせない栄養素に糖質がありますが、食物から糖質を取り入れると血糖値が上がります。

 

血糖値が上がると膵臓からインスリンが分泌され、血糖値を下げる仕組みになっていますが、もしインスリンの分泌が不足するとずっと血糖値が高いままとなります。

 

血糖値が常に高い状態にあると、血液が濃くなるため脱水症状を起こしたり、糖尿病、心筋梗塞、肝硬変といった病気のリスクが高くなります。

 

特に糖尿病は一度かかるかなかなか完治が難しく、網膜(目)や腎臓、神経などに合併症を引き起こすこともありますから要注意ですね。

 

血糖値を下げるには生活習慣の改善が重要

 

 

血糖値を下げるためには生活習慣の改善が重要です。

 

@運動

 

ウォーキングなどの有酸素運動をすることで、新陳代謝が高まり血液の循環がよくなるため、血糖値を下げる効果があります。

 

負荷のかかる激しい運動や筋トレよりも、酸素を多く取り入れることができる負荷の軽い有酸素運動をすることがポイントです。

 

1日30分から1時間くらいのウォーキングや散歩がおすすめです。

 

A食事

 

1日に必要なエネルギー量を把握して、過食や偏食は避けてバランスの良い食事を1日3回規則正しく摂りましょう。

 

食べる順番も重要で、生野菜サラダなど野菜類から食べると血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。

 

B酵素サプリ

 

酵素サプリで消化酵素を補うことで、結果的に糖を代謝する代謝酵素の働きを活発にします。

 

なぜ酵素サプリが糖の代謝を活発にするのか?そのメカニズムを見てみましょう。

 

酵素サプリが血糖値を下げる仕組みって?

 

 

まず、酵素を補う商品には酵素ドリンクと酵素サプリがありますが、酵素ドリンクは糖分を含んでいますので、血糖値を下げると言う意味ではNGです。

 

さらに酵素ドリンクは製造過程で熱処理されていますので、この時点で酵素は死んでしまっています。

 

その点、酵素サプリなら糖分も含まれていませんし、生きたままの酵素を摂り入れることが出来ます。

 

ここで体内に存在する酵素について知っておいて欲しいのが、酵素には消化酵素の役割と代謝酵素の役割があるってことです。

 

糖を分解するのは代謝酵素ですが、酵素サプリに含まれる酵素は消化を助けます。

 

これだけを聞くと、酵素サプリを飲んでも意味がないのでは?と思われるかもしれませんが、酵素サプリで酵素を摂り入れて食物の消化を助けてあげれば、体内で使われずに余った酵素が代謝酵素へとまわされます。

 

これによって間接的にではありますが、酵素サプリを摂り入れることで酵素が糖を代謝する活動を活発にしてくれるのです。

 

つまりは酵素サプリを習慣化することで、血糖値を下げる効果が期待できるってわけですね。

 

スルスル酵素で血糖値を管理して糖尿病予防!

 

 

酵素で血糖値を下げるのなら、酵素ドリンクではなく酵素サプリを選びましょう。

 

中でもスルスル酵素は80種類の野草成分と乳酸菌のみから作られた、安心安全で無添加の酵素サプリです。

 

酵素サプリと言えばダイエット目的に飲まれる方が多いのですが、ダイエットのみならず、血糖値の上昇を抑えることで、糖尿病をはじめとした生活習慣病の予防にも大活躍してくれます。

 

血糖値が気になる方もスルスル酵素で美容と健康の両方を手に入れて、はつらつとした毎日を送ってみませんか?

 

⇒スルスル酵素をもっと詳しくみてみる