スルスル酵素 下痢

スルスル酵素を飲んで下痢になりました、は果たして嘘?本当?

酵素の力で便秘も改善、毎日スッキリできるって評判のスルスル酵素。

 

しかし、スルスル酵素を飲んで下痢になったという話を耳にし、少し心配に感じている方もおられるのではないでしょうか?

 

では、スルスル酵素を飲むと下痢になるという話は嘘?本当?真相に迫っていきましょう。

 

まず、結論としてスルスル酵素を飲むことで、薬の副作用のような症状が現れることはありません。

 

それというのも、スルスル酵素はサプリメントであり、栄養補助食品だからです。

 

なので、スルスル酵素に含まれる成分が体に悪影響を及ぼすということはないのです。

 

しかし、実際にスルスル酵素を飲んだら下痢の症状が現れた、という方がおられるのも事実です。

 

これっていったいどういうこと?

 

実は下痢の症状を引き起こすのは以下の2つの理由からなのです。

 

@酵素と乳酸菌と野草エキスが与える影響

 

 

スルスル酵素には酵素のみならず、腸内環境を整える乳酸菌、そして、野草由来のミネラルがたっぷり含まれています。

 

これらの働きによって腸内の状態が良好に保たれ、腸の働きが活発になります。

 

腸の働きが活発になれば、便秘が改善するなどダイエットには非常に有用です。

 

ところが、もともと腸の働きが盛んな人の場合、スルスル酵素を飲むことで、いつも以上に腸が活発になりすぎてしまうことがあります。

 

それによって、下痢の症状が現れることがあります。

 

でも、それはスルスル酵素が私たちの体内に悪影響を与えているということではありません。

 

スルスル酵素は植物性の小麦胚芽や乳酸菌、野草の発酵成分だけで作られたサプリメントですから、副作用の心配もなく安心で安全です。

 

もし、よほど下痢の症状が続くようなら、飲む量を少なくするか、一時的に利用を停止して体の様子をみていきましょう。

 

A好転反応は健康改善への前兆

 

 

体の中に滞った毒素や老廃物を体外へ排出するために、スルスル酵素に含まれる酵素や乳酸菌がその役割を担っています。

 

その時に、一時的に「好転反応」と呼ばれる不快に感じる症状が現れることがあります。

 

好転反応とは、体の中から毒素が排出される際に、肌荒れやニキビ、胃のむかつき、発熱、下痢など、その人の体のデリケート箇所に不快感を与える症状として出る現象をいいます。

 

下痢の症状が現れる人は胃腸が弱っている可能性があり、その好転反応であるといえます。

 

好転反応が出るということで不快に思う人もいると思いますが、体内に滞っていた毒素が順調に体外へと排出されている証拠なので、逆に体にとっては喜ばしいことです。

 

好転反応は、体内に溜まっている毒素や老廃物が多い人ほど症状が現れやすくなります。

 

その間、不快な症状に悩まされたりしますが、好転反応は体が健康な状態へとシフトチェンジしているということを理解し、上手く付き合っていきましょう。

 

人によって差はあるものの、多くの方は7日〜14日ほどで症状は落ち着いてくるようです。

 

それ以上に下痢が続いたり、好転反応による不快な症状が治まらない場合は、一旦使用するのをやめて専門の医師に相談してみてくださいね。

 

⇒今ならスルスル酵素が2袋500円でゲットできるチャンスかも!