スルスル酵素 下痢

スルスル酵素を飲んで下痢になりました、は果たして嘘?本当?

酵素の力で便秘も改善、より毎日スッキリできるって噂のスルスル酵素。

 

しかし、スルスル酵素を飲んで下痢になったという話を耳にし、少し心配に思っている方もいるのではないでしょうか?

 

では、スルスル酵素を飲むと下痢になるという話は嘘?本当?

 

真相に迫っていきましょう。

 

そもそもスルスル酵素を飲んだことで薬の副作用のような症状が現れることはありません。

 

というのも、スルスル酵素は、サプリメントであり、栄養補助食品です。

 

なので、スルスル酵素に含まれているものが体内に悪影響を及ぼし、下痢の症状をきたすことはないのです。

 

しかし、実際にスルスル酵素を利用した人が下痢の症状が現れたということも事実です。

 

これっていったいどういうこと?

 

実は下痢の症状を引き起こすのは以下の2つの理由からなのです。

 

酵素と乳酸菌と野草エキスが与える影響

 

スルスル酵素には、酵素のみならず腸内環境に関与する乳酸菌、そして、野草由来のミネラルも含まれています。

 

ですから、腸内の状態を良好に保つことで、腸の働きが盛んになります。

 

腸が活発に働くこと自体がダイエットに非常に有用なのですね。

 

つまり、便秘に悩まされることがなかったり、腸の働きが盛んな人は、スルスル酵素を多量に飲んだ際に腸の動きがいつも以上に活発になる事があります。

 

このことから、下痢の症状が現れることもありますが、スルスル酵素のサプリメントは私たちの体内に悪影響を与えているということはありません。

 

先ほどもお伝えしましたが、スルスル酵素は植物性の小麦胚芽や乳酸菌、それから野草の発酵成分が配合されたサプリメントだからです。

 

よっぽど下痢の症状が心配ならば、飲む量を少なくするか、一時的に利用を停止し、体の状態をみていきましょう。

 

好転反応は健康改善への前兆

 

体の中に滞った毒素や老廃物をデトックスするには、スルスル酵素に入っている酵素や乳酸菌がその役割を担っています。

 

その時に、単発的に「好転反応」といわれる不快に感じる症状が現れることがあります。

 

体の中から毒素が出される際に、肌荒れやニキビ、胃のむかつき、発熱など、その人の体のデリケート箇所に不快感を与える症状として出る現象を好転反応といいます。

 

下痢の症状が現れる人は、体質的に胃腸が弱っているということがあり、その好転反応の一部であると言えます。

 

好転反応が出るということで不快に思う人もいると思いますが、体内に滞っていた毒素が問題なく体外へとデトックスされている証なので、逆に体にとっては嬉しいことです。

 

好転反応は、体内に溜まっている毒素や老廃物が多くある人ほど、症状が現れやすいです。

 

しかし、その症状は体がデトックスされ健康な体へとシフトチェエンジしている証拠だということを理解し、上手く向き合っていきましょう。

 

人によって差はあるものの、多くの方は7日〜14日ほどで症状は落ち着いてくるようです。

 

それ以上に下痢が続いたり、好転反応による不快な症状が治まらない場合は、一度利用をやめて、専門の医師に相談してみましょう。

 

⇒もっと詳しくスルスル酵素について知りたい場合はこちら